田園風のフリードランド通りとシャトーブリアン通りの交差点に1906年から建つロワイヤル ホテルは、伝統的な有名ホテルのステータスを引き継ぐ、ロマン派の香り立つ建造物です。

ランスコーン伯爵のために建てられた当初は、ゴシック様式と中国式の建築を取り入れた小さな2つの館でした。当時のパリの建築に趣を与えるような、3つの塔のある小さいお城は、パリのロマン派の時代と調和します。噴水や洞窟をしつらえられた庭が続き、アルセーヌ ウサイユ(フランス人作家、1815-1896)が住んだことでも知られています。ボードレールが「パリの憂鬱」を捧げた際に、エミール ゾラから「ロマン派の森の最後の樫」と呼ばれたこの建物の代わりに、ルネッサンス風の新しい建造物が建ち、有名な「アルセーヌの火曜日」には芸術家が集う場所となりました。

1857年、ナポレオン3世の命令によるパリ改造の際、ボージョン通りを造るため、この当時の館は取り壊されました。こうして、ロマン派の歴史を持つフリードランド通り33番には、代わりに現在、当ホテルとして使用しているオスマン様式の美しい建物が建ちました。

ロワイヤル ホテルでのご滞在をご希望ですか?

オンラインで予約する