今日も歴史が息づく場所

サントノーレ通り、豊かなパリの歴史の証言

サントノーレ通りは、パリで最も重要であり、贅沢な通りの一つです。この通りの名前は、2つのサントノーレ門に由来しています。1つ目の門はフィリップ オーギュスト時代に造られ、もう1つの門はルイ13世の命令で建てられ、1733年に取り壊されました。

ホテル ド ノアイユとラファイエット侯爵

1924年に生まれたホテル ロワイヤル サントノーレは、南はリヴォリ通り、西はフイヤン修道院まで広がっていた元ホテル ド ノアイユの場所に建てられています。 1774年、フランスの分遺隊の中でも最も美しかった若きラファイエット侯爵が、マリー アドリエンヌ ド ノアイユと結婚し、ホテル ド ノアイユに居を構えました。政略結婚であったにもかかわらず、2人の間は真の愛が生まれました。ロワイヤル サントノーレには、その当時のロマンチックな雰囲気が今も残っています。

ホテル ロワイヤル サントノーレ
へのご滞在をご希望ですか?

オンラインで予約する